笙と柊とときどき私+柚

runna.exblog.jp

<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

バイバイ今の家

いよいよ明日、いや、今日引っ越すことになりました。がらんとしたこの家を見渡しながら、これを書いています。
ここに来たのは何年前だったかな?まだ笙太郎が2才になるまえだったかな。春には7才になるので、5年近くここに住んだことになります。

最初来た時1月で、一軒家特有の寒さにビビりました(笑)そのまえはコーポにいたので、あったかかったんだよね。
春くらいからのんびり、のんびり壁を塗ったりしながら、少しずつ好きなように手を加えていきました。一番最初に手を入れたのが台所で、全体に白く塗って、ホームセンターで一番安い板を買ってきて床に敷きました。それだけでかなりすきなかんじになったのでうれしくなって、リビングも同じようにやってみました。凝った事は出来ないけど、わたしにもできるんだぁ、なんとかなるもんだなぁ!!・・・だんだん楽しくなっていきました。ホームセンターに入り浸り、鞄にはつねにスケールを携帯(笑)アヤシイおばはんやね(笑)
たくさんともだちが遊びに来てくれたのがよかった。そのたびに、ちょっと頑張ってあそこをどうにかしてみよう!なんて、いいきっかけになったから。そんなんがないとなかなかこの重い腰はあがりません(苦笑)

庭の雑草がすごくて、義父が定期的に手入れをしてくれなかったらどうなっていただろう?
毎年ゴールデンウィーク明けには羽アリが大発生するし、
雨が降ったらなめくじがどこからともなく出てくるし、
草がいっぱいだから夏は蚊がすごい!
お風呂は『ボッ』っち沸かすやつやし、
収納がいまいち。


・・・不便なところを挙げるときりがないですが、それを上回るたのしいこと、たくさんありました。
この家を通じて、いろんな人と友達になれたのがやっぱり一番うれしい。


いつも思うのですが、人とのつながり、不思議です。尊敬したり、笑ったり、いろいろです。もちろん嫌いな人だっていたりする。でも絶対すきな人の方が多い。たぶんわたしは、その点に関しては運がいいのだと思う。そこで使いきってるような(笑)でも、やっぱりありがたいことだなぁとしみじみする。



あたらしい環境、不安もあるけれど、やっぱりどんなことが待っているのかな?という気持ちのほうが大きいです。

どんな出会いがあるのかね?わたしにも、主にも、こどもたちにも。たのしみです。
[PR]
by runnaID | 2008-10-11 02:32 | Comments(8)